信頼出来る会社

自分でやるのは難しい

国際社会で活動するためにはどうしても、言葉の壁を乗り越えなくてはなりません。 話す(書く)言語が違う以上、翻訳という作業が必要になります。 現在は翻訳ソフトや無料の翻訳ページがWEB上に存在し、そこではボックス内に文章を入力すると自動的に翻訳してくれます。でも。その文章たるや型通りでなんともぎこちなく、外国語を日本語に訳してもちゃんとした日本語になっていない文章ができあがったりします。それを、意味を考えながら並べ替えたり、たぶんここはこうだろうなどと推測しながら変えて行くのはとても手間のかかる作業です。それで、もとの文章に忠実な翻訳になるとは限りません。 日本語のもつ、きっぱり言い切らない文や別の意味にとれる単語、表現を外国語に翻訳する場合も、懸念は同じです。

マニュアル翻訳を依頼するにあたって

海外で活動している日本企業や、海外の企業との取引で必要になるのがマニュアル翻訳です。マニュアル翻訳は輸出入の際に最も重要な作業で、これがおろそかになっていると取引上のマイナスになるだけでなく商品を実際に使う消費者のミスユースによる重大な事故につながります。 マニュアル翻訳を依頼するにあたって、業績やネット上の評判で信頼できる会社を選ぶのはもちろんですが、「工業英語」「産業翻訳」などの資格を持ったオーソリティがその会社にいるかどうかも確かめた方がいいです。 輸出の際マニュアルが正確に訳されないのは、その製品の仕様、性能が相手側に正確に伝わらない、つまり企業努力が無駄になるということでもあります。 専門知識を持ち、なおかつ語学にも長けた人材がいる会社を見極めたいものです。